泣かぬなら笑ってしまえホトトギス

Entries

Category : 会計事務所って

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高い報酬を頂いているお客さんを担当することになると、
自分の価値がそれたけ上がったかのような錯覚を起こします。


一般的に、
時間×難易度で会計事務所の報酬は決まります。

 
でも、お客さんが自分に感じてもらっている価値というのはまた別の話。


だから欲しい報酬と、お客さんが感じる価値には差が生まれます。

ものさしが違うんです。


自分たちのものさしに対する技術は当然として持っておき、
お客さんのものさしにあわせる努力ができないとダメですね。


お客さんのものさしが見えないなんてもってのほか、になりますね。


スポンサーサイト
現在、会計事務所は、税務申告のサービスだけではなく、
様々なサービスを提供してお客さんに満足してもらおうとしてます。

お客さんからするといい事だと思います。

でも、過ぎてしまうとお客様の力を奪いかねないこともあります。

資金繰りや借入の算段をすべて会計事務所がしてしまうって
ところもあるかもしれません。

あくまで私たちはサポート。

他にも、記帳や給与計算など
会社業務に関して手取り足取りやってしまうと
お客さん自体の能力を奪ってしまうことになります。

できることは会社でやる!

それが能力を向上させる秘訣です。

そんでもって、会計事務所はサポートする!
サポートです。借入も資金繰りもなんだって。

がんばろう(^O^)

会計事務所は、他人の企業の帳面をみて、
ああだこうだ話をするわけです。

自分が会社を経営しているわけではない、もちろん。
立場を考えて話をしないと、言葉は届かない。

でも、経営は、数字が物語ってしまうことも確かです。
その数字で出たものを基にして、数字に表れない現象を探っていく。

だから、その言葉を言う人間性がとっても大切になってくる。
社長とかサラリーマンとか関係なくて、
実践できるやつかどうか、口だけの奴ではないかどうか、

社長さんの目は鍛えられてますから、
嘘はバレます。見抜かれます。

本気の奴が、唯一話を聞いてもらえる奴です。


会計事務所も売掛金が溜まってしまいます。
近年は更に厳しい状況です。

報酬をいただけないお客様は、
決算申告の着手を見合わさせていただいてます。

報酬の頂けない決算申告をするということは、
売れる見込みのない商品を製造するのと一緒です。
お金が入ってこないのですから。

ただ、気持ち込めてお客さんに接しているので、
辛い、、、辛いです。

決算が出来ない辛さというか、
顧問としてサポートしていくことができなくなる辛さ。

担当して日が浅いのですが、
志半ばで関係がなくなってしまうのはとてもつらいです。

会計事務所が離れてしまったら多分、、、
損益もわからないし、、、いつのまにか閉める、、、

まだわからないですけどね、
御入金いただけると思ってます。

仕事なんで、お金の付き合いをしますよそりゃ。
でも気持ちは心配。

「関係とぎれないために払ってよ!倒産しちゃうよ!」
って感じですかね。

がんばりましょうね。







会計事務所は、社長さんに対して、
耳が痛いこともいえないといけません。

部外者の中で、社長に一番と言っていいほど近い存在。

イエスマンではダメなんです。

たとえ怒ったとしたも、
言わなければいけないこともある。

こちらも思いをぶつけないと。
社長さんガチンコでぶつからないと。
法人で生命保険入ってると思います。
社長さんがなくなったときの混乱を考えると
絶対入っておいたほうがいいです。

決算処理の話ですけど、それまたややこしいんです。
損金経理と資産計上にわけるだけならまだしも、

「んー、なんか数字が合わない、、、」
と思ったら、
「保険契約が社長個人名義に変わってるじゃん!」
会社から、社長個人に契約者を変更していたり。

特に、資金繰りを改善するために保険をイジった期は
とてもややこしくなります。

たまたま私が保険の処理で格闘してるだけですけどね。

普段はそんなことないですけど、
お金作るためにいろいろ今期はイジったので
苦労しております。

でも、いろいろやったおかげで、
キャッシュフローが改善されてよかった。

あー、まだかかりそうだぞー。





ご意見・ご感想・ご質問何でもどうぞ。
本格的相談も無料でお受けします!

質問相談メールフォームへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

会計事務所って、会社さんに近い存在。
会社の裸の姿を見てしまうのですから。

これが業績が悪くなってしまって、
顧問料をいただけなくなったときにどうするか。
が結構大きなテーマになってきます。

顧問料いただけないのだから、
帳面、決算は行わない。

いや、そんなにビジネスライクじゃない。
心情も察して、集金遅れながら、
なんとか帳面申告おこなう。

いろいろあると思います。

なぜ経営が悪化してるのかによりますけど、
改善の余地があるのなら一緒に頑張りたい。

将来の展望によりますよね。
銀行リスケしていると相当厳しいですけどね。
倒産の先延ばしの可能性がとても大きくなります。





ご意見・ご感想・ご質問何でもどうぞ。
本格的相談も無料でお受けします!

質問相談メールフォームへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

同じバスタ屋でも、同じペペロンチーノでも、
お店によってそれぞれ味が違うように、

会計事務所も同じに見えて違います。

一般的に同じだと思われがちなのとすが、
違います。

同じだからあまり比べないし、
移動することも少ないです。

田舎に一件しかないバスタ屋の味しか知らなければ、
その味か全て、パスタの味=その店
となります。

そんなお客さんが他の町のパスタの味を知って、
それが格別美味しかったならば、
また近くのお店に行こうと思うでしょうか。

私なら美味しい方のパスタを食べたいと思います。

普通の味ですけど、不味いバスタを食べている人に知ってもらいたいものです。

会計事務所がんばろー!
経営指導を掲げてる会計事務所がありますけど、
経営指導って掲げるのどうなんすか?
(うちもそうですけど。。。)

違いますよね

経営指導って、コンサルタントの仕事です。
コンサルやってる事務所ならわかりますけど、
普通の会計事務所が経営指導なんて言ってはいけない。
と思うんです。

経営サポートじゃないですか?

社長さんが経営判断をしやすいように
正確な数字を提供して、
その数字が他社に比べてどうなんだか、
どこの数値に異常があるのか、
資金繰りの改善、融資の相談
私はこれはサポートと言いたい。

円滑な経営ができるようにサポートする。

それが会計事務所の役割じゃないかなぁ。

税務に関してプロだけど、
会社の運営に関しては、、、
????がつく場合も多いと思われます。

私はサポートに力を入れていきたい。






今回必要があって不動産賃貸契約書を作成しました。

いやー難しい!

インターネットから雛形をダウンロードしてはいお仕舞い。

とはいかず、、、

旧借地法と借地借家法の違いから調べていくことになり、
結局今回は旧借地法に基づいた賃貸契約になったんでが。

これは紛れもなく会計業務の周辺知識。
勉強になりました。

法人と取締役間の賃貸ですけど、しっかりと契約しておかないと、
この取引無し!!!なんてこともありですから。

もし、会社から社長に地代払ってて、
書面でなにも交わしてない会社さんがありましたら、
お近くの会計事務所までご相談を(^^)
税理士じゃないから、ダメとか実際ないです。

偏見。

税理士だからいい、ってわけでもありません。
怠慢な税理士もたくさんいます。

怠慢な職員もたくさんいます。

税理士がダメでも職員が優秀な事務所もあります。
税理士だけが優秀な会計事務所もあります。

結局、税理士・職員関係なく、
会計人として何を信条に過ごしていくか、
個人個人の心持にかかってきてしまいます。

会計事務所も中小企業ですから。

個の集まりが大きな力を生むとしたら、
大きな会計事務所がいいかもしれません。
総合的なサービスを提供できると思いますから。

会計事務所それぞれで、提供できるサービスは、
違うと思いますよ。






この業界の人間はこうあるべきだ
という自分なりのあるべき姿は、
どうやってイメージするのでしょうか。

一番 やりやすいのは、会社の上司で
自分が尊敬できる人がいること。

年数追って働いていけば、
それなりの自分のイメージはできていきますけど、
実際にこの人みたいになるぞっていうのがあると、
初めからブレがなくていいです。

あとは、研修などにでて、教育を受けること。

教わるものがないと、なかなかイメージってもてない。

とりわけこの会計業界は、教育を受けたか、
受けてないかで差がはっきりと出てきます。

お客さんにも提供できるものが違ってきます。

税理士本人がきてるなら別ですけど、
社員さんが来てる場合は、しっかりと教育を受けている
人がいいですよね。
税金、財務諸表論、資金繰り、
いろいろ研修を受けさせて頂く機会があります。

でも研修で勉強したからと言って、
全てを活用できません。

税金の話はすぐ活用出来ますけど、
お客さんも求めてきますから。

経営改善といった類の話は、
相手の行動、賛同あっての話になるので、
経営改善話の中身がどうという以前に、
耳を傾けてもらえるかどうかという関門があります。

その耳を傾けてもらえるような素地をつくること。

また、聞き答えのある話。


ガンバロウ!
商売っ気のある人とない人がいます。

ありすぎるとお客さんにいやがられてしまいます。
「あの人はよけいなものまで売ろうとするんだよねー。」

なさすぎても不満はでてしまいます。
サービス精神に欠けてしまうというか。

帯に短しタスキに長し
じゃあだめなんですよね。

バランス良く行こう!





「いいよなー会計事務所は、来てパソコンの
前に座ってりゃあお金になるんだからなー。」
言われたてホヤホヤのお言葉です

似たような言葉いわれたことがある人手を挙げて
世間一般の会計事務所のイメージがよくわかる言葉です。

始めはちゃんとそんなことないと話したんですけど、
最近ははい出ました!って感じで、流す。

「なるべくたくさんの人にわかってほしいけど、
わからない人には全く分からないんだ。」
って思ってますから。

心の中では、みてろよコノヤロー

メラメラ


昨日飛び込み営業ってブログを書きました。
昨日飛び込み営業しちゃいました。

以前一回訪問したことある会社なんですけど、

2年ぶり位
「こんにちはーお久しぶりです。」

ん、奥のつい立ての向こうにいるのは、、、

あちらの会計事務所!?


社員さんに耳打ちしたらやっぱりそう。
はち合っちゃった!!

すごい確率ですよ。
40分の1を引き当ててしまった。
(営業日20日×午前と午後で2=40)

世間話してかえりました。
「邪魔する気はありませんので~」って言って。
まあ邪魔する気だったんですけどね。
(怠慢なところだったらですよ)

またがんばろう!つながろう!
飛び込み営業したいなーって思うんですけど、
会計事務所が飛び込んでもなー、何しにきたの?
状態になりそうでやらないです。

飛び込み営業は効率は悪いです。
下手したら会社の信用を下げかねない。

でも資金繰りに苦しんでる会社さんがたくさんいると思うと、
こちらからアクションをかけていきたい気持ちもある。

人との繋がりの中で知りあっていった人はもちろん大切にしたいし、
自分のできることはしてあげたい。

その他に、まったく接点がなかったもの同士が、
たまたまの飛び込みということでつながって、
お互いに幸せになれたら面白いなー、と思ってます。

だれかいい方法教えてー。
はい、自分で考えます。






数日前に内容証明を送らせていただいた方から連絡がありました。
売掛金に内容証明

月々一万円ずつ振込をしてくれるということに決まりました。

内容証明は、拘束力がなくて、送ったからって支払いの義務
が生じるわけではないみたいです。
しかし、こちらの真剣具合を示すにはとても良い手段だと言えます。

「そっちが払わないつもりだったら、こっちも出るとこ出る覚悟はあるんだぜ。」
ってな感じで。

金融機関時代、借入金返済が遅れている先には
「毎日電話しろ。」
と言われてました。

「相手は人を見て払う。うるさいと思うところからお金を払っていくんだから、
払わなかったらうるさいからなあいつは、と思わせるんだ。」
と教えられました。

会計事務所だとまたきっぱりと割り切ることも難しいですけど、
今後も振込が無かったときなどは、厳しくさせていただこうと思ってます。

でも、難しいだろうな、きっと内容証明が来てびっくりして言った事だと思うんだ。
実際の行動に計画があるわけではないんだろうから・・・


会計事務所って、数字を扱って、
お客さんに数字を説明したりするんで、
自分がその会社のマエストロにでもなったような
錯覚をすることもあるようです。

特に、お客さんは数字をわかってない会社や、数字に関心もない時とか。

業績がよくなったら、「自分の指導で良くなった」ような気分
業績が悪くなったら、「自分の話を聞いてないから悪くなった」
ような気分

結局、良いところは勝手にいいし、
悪いところは逆立ちしたって悪い。

それは変わりません。
単なる会社経営の手伝いですから、
先頭切ってると勘違いしたくない。


社長さんてよく孤独っていいますけど、
自分が頭に思い描いてるものを口に出す事って
結構してないっぽいんですよね。

口に出すだけで、話が具体的になったり、
新しい発想が生まれたり、するじゃないですか。

話を聞く、それも役割のひとつかな。





資金繰りの改善や、ちょっとしたことで
会社って大きく変われたりするんですよー

ってことをたくさんの人に知ってもらうには
どうしたらいいのか、結構考えます。

このブログもその一つ。

そりゃ商売でやってますから、
ボランティアで支援しますって言っても
限りがあります。

だから、お客様になっていただくことが一番理想的。

資金繰りに困っている会社は世の中にゴロゴロいて、
その中には、助かる会社も少なくないんだってことを、
金融・会計の経験を通して知りましたので、
一社でも多くの会社の手助けをしたい。

お金の心配で今日も眠れない人もいると思います。

会計人として、普通のことが出来るだけだけど、
普通に動けば救える会社がたくさんある。
これは事実。

そう機会は多くないですよねぇー
がんばろー!



売掛金で、回収困難なものを回収する。

月々の顧問料を口座引落で頂いてる所が、
お金が苦しくて、引き落としできず、
また、手元にもお金がなくて現金で頂くこともできない。

もうお客様ではなくなった会社で、
売掛金だけ残ってる会社があります。
今回、内容証明を送らせていただきました。
内容証明が来たからといって、
特に支払いの義務は発生しませんが、
本気の度合いを示す手段です。

私が担当になったときにはもうすでに
たんまりと売掛金がありました。

そのかたは、腰が重かった、、、
過去の栄光を引きずっていられました

残念
なんだか動きのある建物があったので、
久しぶりの久しぶりに飛び込み営業をした。

ちょうど社長さんがいらっしゃって、
30分くらい話をすることができた。

ザックバランに、会社の状態や、
返済の金額まで話をしてくれて、
印象としたら悪くはないようだ。

しかし、おいそれと代わるものではないのが
会計事務所であるので、過度な期待は禁物だ。


しかし気になったのが、月々の返済額。
100万超えた金額を払ってました。

100万超えは資金繰りが大変な可能性大。

むむむ、決算書を拝見して、財務状態について話をしてみたい。
しかし、私は、ただの通りすがりの会計事務所だ。

機会があれば力になりたい。



会計事務所ができることは限られています。
会計事務所が替わったからって、急に業績が伸びるわけではありません。

「じゃあ、どこだって一緒じゃんかよ。」

そうかもしれん。
でも、
そうじゃないかもしれん。

月々帳面だけ整理して帰っていってしまったり、
資金繰り大変なのに何も手助けしなかったり。

そんな話もちらほら聞くと、

事務所もそれぞれ違うんだなぁって思いますけどね。

怠慢な事務所に引っかからないようにしたいですね。

先生業界ですからありますよ、やぶ





ご意見・ご感想・ご質問何でもどうぞ。
本格的相談も無料でお受けします!

質問相談メールフォームへ
法人は、事業年度が終わってから
二ヶ月以内に申告をしなければなりません。

赤字の決算だったら
ちゃっちゃってできるんじゃないのぉ?

って思うと思いますが、
数字を確定させる事は赤字でも
それなりに大変な作業になります。

そんな小さな数字どうでもいいじゃん!

と思う事もあるんですけど、
確定して申告するとなるとそうはいきません。

ほんとは、事業の成績をはっきりさせる事が
一番大切だと思うので、
一円二円は、本当はどうだっていいですけどね。

法人税は八万円、はい決算する前からかくてい~!
なんですが、ルールなんで仕方がないです。

経営する側からすると、
毎月の利益がざっくりわかるほうが重要。

年一回申告の決算だけだったら
何ヶ月間も自社の成績がわからないことになるので、
手元のお金だけで儲かってるか判断することになり、
営業するにも、借入するにも、
見当違いな決定をしてしまう事もあります。


月次の決算は大切です。
「お盆休み短いっすよねー、もっと休みたーい」
「こんなに暑くてやる気が起きないですよねー」
「売上下がっちゃいましたね、頑張ってくださーい」

言いたいことは、
企業の幹部を相手にする仕事なのに、
自分がサラリーマン意識でいてはいけないということです。


『自分は会社から給料をもらっている身だ』
と思うのと、

『自分が給料たる売上を稼いでいるんだ』
という意識では

社長さんと話せる会話の内容が違ってきます。

所詮サラリーマンですよ。
でも、気持ちの高め方を経営者、事業主の人と
一緒の所に持っていかないと、真面目な話なんかしてもらえません。

アハハオホホで行って帰って来ても帳面整理・決算は出来ます。

でも、社長さんにとって使える人間でありたいじゃないですか




ご意見・ご感想・ご質問何でもどうぞ。
本格的相談も無料でお受けします!

質問相談メールフォームへ

『粉飾決算でバンザイ』
メルマガ配信しました



こんにちは。

あんまり税理士が営業するって聞いたことないですよね。

確かに、飛び込みで税理士が営業に来ても
会計事務所を替わってくれる確立は少ない。
飛び込みしてくる税理士ってどうなの?って思う人もいます。

一番多いのは紹介です。
お客さんからの紹介。
出会いから生まれる紹介。

お客さんからの紹介は、、
仕事などの仲間内で税理士の話になった時に、
「へー困った税理士だね、うちの税理士は
良くやってくれるよ、紹介しようか?」

出会いから生まれる紹介は、
ルーチンワークをしてるだけで生まれないです。

なだ見ぬお客さんで困ってる人がたくさんいると思うと、
早くもっとたくさんの人と知り合いたいと思います。

怠慢な事務所も確かにたくさんあるようですから。
自分だって大した事をやってるわけではないですけど、
なーんにもやってない会計事務所よりも
マシなのかなって思ってはいます。

もっとたくさんの人をお手伝いしたい。
明日からまたがんばろう!




資金繰りの支援とかやらせてもらいますけど、


基本、お客さんが自身で出来るのが一番理想です。


それが一番タイムラグがなくてスムーズだからです。



私もいくら資金繰りだ、改善だ言ってても、
私たちが主であってはいけないんです。


なぜなら、


意思決定できませんから。


こちらだけが一生懸命動いても全く意味がないから。

それでは、また同じ事を繰り返すことにもなりかねないです。


当てにしてくれるのはいいと思うんですが、
思考停止になって頂きたくないです。


聞けばいいやという考えになってほしくない。


結局、大事なのは会社の意志決定を出来る方が
どうに思ってどう行動するかにかかってますので。


サポートは力の限りさせて頂きますよもちろん。


でも、何するにも主はあくまで会社さんです。


主はどこにあるか。


これは大切ですよ。





ご意見・ご感想・ご相談・ご質問何でもどうぞ。

質問相談メールフォームへ


会計事務所もいろいろあります。
法人がおおいところ、個人が多いところ、
相続だけでなりたっているところ。

同じ会計事務所でも、各担当いろいろな人がいます。

事務所の色があるかもしれませんが、
職員の気持ちの持ち方もわかれます。

税務に力をいれる人
事業計画に力を入れる人
売上を伸ばそうとする人
資金繰りに力をいれている

銀行みたいにコロコロと担当が変わりませんから、
その担当にしてもらってるサービスがすべてになります。


『会計事務所は、税務代理、申告するのが仕事なんだ
だから、他の仕事はおまけみたいなもの。
やってもやらなくてもそれは俺の裁量。
あーあ今月は忙しいからまた来月何か他の話をしてみよ。』

こんな意識の人も多分多いですよ。
来月も何もしないで帰りますよきっと。


そんな偽りがまかり通っちゃうから困ったものですね。


会社が潰れてしまったとしても、
『しょうがないよ、俺は申告するのが仕事なんだから、
そこまで手が回らなかったんだよ、不況だし仕方がないよ、うん
それより弱ったな、売上が減っちゃったよ。』




ご意見・ご感想・ご相談・ご質問何でもどうぞ。

質問相談メールフォームへ





会計事務所は、税金を取り扱う所です。

それが、本業。

でも、本業を必要とされる会社が、
少なかったらどうしましょう。

実際今は、赤字の会社が多い。
決算しました。はい均等割8万円。
それなら節税もへったくれもないです。

それでもこちらが、税務のことばっかり、
税務の事しかしなければ、
帳面屋としかみてもらえなくなるの
当たり前です。


経営相談や資金繰り・借入相談
を掲げる会計事務所は星の数ほどあります。


税理士が掲げても、それらを実行している、
心がけている職員は少ないかもしれません。

逆に、職員が頑張ってて、
税理士がやってないってケースも
たくさんあると思います。


助けてっていったら、
頑張ってねって言って帰る税理士さんも
いるくらいですから。


会計事務所はどこも一緒じゃないんですね。





ご意見・ご感想・ご相談・ご質問何でもどうぞ。

質問相談メールフォームへ
※個人的にやってますのでお金の請求などありません。




同業他社のことってよくわかわない。


とりわけ会計事務所は、
一度契約すると長い付き合いというのもあり、
他社と比較することがあまりないような気がする。


だから、どんなことが会計事務所はできるのかわかってない。


わかってないと思ってこちらから提供しないと、
会計事務所はどこだって一緒だろ。
となる。


どこだって一緒だから、安ければ安いほうが良いということになる。


当然といえば当然な流れ。
です。


それでいいの?





軽い事・重い事、知らない人だから言えてしまう事あると思います。
ご意見・ご感想・ご相談・ご質問何でもどうぞ。

質問相談メールフォームへ
※個人的にやってますのでお金の請求などありません。



一社でも会社改善の機会になります様に、
上位ランクに連れてって~、
1クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

WA

Author:WA
会計事務所勤務

税理士試験勉強中
2005年 簿記論×
2006年 簿記論×
2007年 簿記論○
2008年 財務諸表論×
2009年 財務諸表論×
2010年 法人税×
2011年 法人税×
2012年 受験なし

検索フォーム

Copyright © WA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。